イスラエルの本格ハンバーガーチェーン「モーセ」に行ってきた

LINEで送る
Pocket

イスラエル・テルアビブに複数存在するハンバーガーレストラン「モーセ」(MOSES)の食レポです!

 

こんにちは! テルアビブ在住ブロガーのがぅちゃんです。イスラエルの首都テルアビブに住んでいます。(※テルアビブをイスラエルの首都とするかどうかの見解には諸説あります)

 

今回は、「モーセ」を名乗るテルアビブのハンバーガー屋「MOSES」に行ってきました!

 

テルアビブのハンバーガーレストラン「モーセ」

モーセ(MOSES)はイスラエルににいくつかあるハンバーガーチェーン店です。

ハンバーガーチェーンと言ってもマクドナルドのような感じではなく、ハードロックカフェのような、ちゃんとしたレストランという感じです。

むしろ、イスラエルにあるアメリカ料理のチェーン店と言った方がしっくりくるかもしれません。

 

今回はロスチャイルド通りにあるモーセの店舗に行ってきました。

 

住所:Rothschild Blvd 35, Tel Aviv-Yafo
営業時間:日〜水 12:00〜2:00 木〜土 12:00〜4:00
モーセの店舗情報はこちら

 

ところでモーセって?

こちらはモーセの肖像画

 

モーセ(ヘブライ語: מֹשֶׁה‎、ギリシア語: Μωυσής、ラテン語: MoysesMoses、アラビア語: موسىٰ‎)あるいはモーゼは、旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる紀元前16世紀または紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者である。Wikipedia「モーセ」より。

 

「モーセの十戒」とか「海を割った」とかで有名な、あのモーセです。

 

※ハンバーガーレストランの「MOSES」が、上のモーセと100%関係あるかどうかは定かではありません。

 

テルアビブのハンバーガーショップ、モーセに入店

モーセの外観はこんな感じ。

 

お姉さんが案内してくれます。英語は余裕で通じました。

 

そしてモーセの店内へ。いい意味で普通のアメリカのレストランといった雰囲気です。

 

モーセのメニューを見てみる

こちらがハンバーガーレストラン・モーセのメニュー。「アメイジング・メニュー」と豪語しています。

 

当店のゆるキャラ(?)のモーセくんが印象的です。 (多分違う名前だと思いますが雰囲気で勝手に命名しました)

 

メニューを開けるとこんな感じです。右にバーガー系、左にメインディッシュ系。見やすいです。内容は完全にアメリカのレストランのメニューといった感じです。

 

ハンバーガーを決める

「バーガーマニア」と銘打ったメニューに「クラシックビーフバーガー」「スキニーバーガー」など様々なメニューがあります。

 

「ビッグ・イン・ジャパン」というハンバーガーも。内容はビーフ、照り焼き、ピクルス玉ねぎ、わさびマヨネーズ、オニオンピクルス、ネギ…とあります。

 

要するに豪華なテリヤキバーガーですね。笑 67イスラエルシェケル(約2千円)です。でもテリヤキバーガーに2千円は高い…。

 

テリヤキバーガーにしようか迷ったのですが、結局、名前がカッコいい「アートバーガー」にしました。59イスラエルシェケル(約1800円)

 

アートバーガーの内容は「250グラム。牛肉、ラム肉、仔牛肉、パプリカケチャップ付き」と説明にあります。3種類のお肉が入ったハンバーガーです。贅沢です。

ハンバーガーメニューのトップに記載されていましたから、きっと推しメニューなんだと思います。

冒険しない、無難なオーダーですね。笑

 

アートバーガーがやってくる

注文して15分ほどでやってきたこちらがアートバーガーです。ナイフ付きです。

 

文句なしに美味しそうなハンバーガーです。何回もいいましたが、アメリカのレストランみたいです。ここは本当にイスラエルなのかと疑いたくなります。

 

こちらはサイドメニューのサラダ。ちゃんと作った感がして…というか雑くなくて美味しそうです。

 

ドレッシングもこんな感じでトゥルトゥルで美味しそうです。

 

※トゥルトゥルとは、野菜にドレッシングが満遍なくまとわりついている状態のことです。

 

ではいただきます

アメリカのレストランらしく、ナイフとフォークでハンバーガーを切り裂きます。肉はミディアムレアです。肉・ソース・玉ねぎ・レタスの分配もちょうどいい感じです。

 

スパイス薫るケチャップと3種の肉。お味の方はというと……すごくこだわったカレー風味のユッケを食べている気分でした。美味しかったです。

 

サラダのほうも、これはきっと手作りであろうドレッシングだと推測します。これも文句なしに美味しかったです。

 

3種のソースを自由に楽しめる

メニューを注文すると、普通のケチャップ(ハインツ)と3種類のソースが運ばれてきます。見たところ、モーセのオリジナルブランドだと推測します。

 

とりあえず味わってみました。(右から、バーベキュー、マヨネーズ、チリソース)

 

1 バーベキューソース(右)

 

風味豊かで美味しかったです!素材が感じられます。

 

2 マヨネーズ(真ん中)

 

これは日本国外のマヨネーズとしては普通でした…。でもハインツのマヨネーズよりは美味しかったです。

 

3 チリソース(左)

 

これでエビチリを作りたいw マンゴーが入っていたように思います。

 

ごちそうさまでした!

こうして3種類のソースも楽しんだところで、モーセのアートバーガーを美味しくいただかせていただきました。

 

ちなみにこちらは食後のデザートのメニュー。ブラウニーサンデーにアイスクリームなどなど。くどいですが、本当にアメリカみたいです。笑

 

でもデザートはまたの機会にしておきました。

 

おまけ

食事ネタなのに申し訳ないのですが、モーセで一番印象に残っていたのは男子便所の便器でした。笑 というのも、便器には氷が盛ってあります。

 

食後のデザートの代わりと言ってはなんですが、ちょっとだけこの氷を溶かし、涼しい顔でモーセを後にしました。

 

LINEで送る
Pocket

1 Trackback / Pingback

  1. 日本人が驚くイスラエルのスゴいところ10選 | イスラエルこんな感じ

Leave a Reply